星に願いを。。。


子供の頃に見た星空が忘れられず今でも星空を追い求めて夢を見続ける
by megamega01
カテゴリ
フォロー中のブログ
メモ帳
以前の記事
最新のトラックバック
藤原紀香結婚
from Anything Story
ここにしか咲かない花 コ..
from 無料大ヒット完全無料音楽視聴..
レアル・マドリード、ベ..
from スポーツニュース
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2006年 12月 20日 ( 2 )


比較検討

翻訳作業、日本語に翻訳されたワードの原稿があまりにも滅茶苦茶で
事務局の担当者へ電話、削除も出来なければ、変更も出来ない
フォントの色さえも変えられない、文章は滅茶苦茶
でもってどうにもならずで問い合わせてみたところ
新しい原稿を再送付するのでそれでお願いしますとのこと
届いた原稿は直すところなんてまったく無いわよ!って感じで
すでに美しく校正されている。。。あれ?

そして届いたメールを見る
「原文のコピーを別便で送らせて頂きました
そちらの原文と日本語訳の文章を比較検討して頂き
文章の誤字や脱字、日本語として表現がおかしいと感じるところを
チェックして頂けるようにお願い致します
経験を生かして、遠慮無く、ビジビジと校正を入れて下さい
よろしくお願い致します。」とな?

あれれ?日本語版になるものの校正作業じゃなかったの?
原文との比較検討の校正だったの?いつから変わったのさ?

原文からの翻訳にネイティブスピーカーの心理学の著名な先生が
例、
「学者特有の言い回しで何がどう日本語に表現して良いか判らない!」
「何が言いたいかさっぱり不明・・・多分私だったらこう解釈する・・・かも?」
「何これ?意味不明!」と原文のまま
こんな翻訳がされた文章を見ながら前回校正を入れていた私に
どうやって原文と翻訳文の比較検討をしろというのだ?

そりゃ、出版社にいて原稿書いたり赤入れしたり
してましたがね。。。それ日本語ですから・・・(;-;)
勘弁して下さいよ。。。また知恵熱が出そうです・・・・(T-T)
[PR]

by megamega01 | 2006-12-20 14:17 | 心理学

評価

評価とはいったい何なのだろう?
自分で作り上げた結果の評価が悪いものだとしたら
それはプロなのだから仕方がない?と諦めて素直に受け入れるべきなのだろうか?

ではその次に何が出来るのだろう?
改善点?何処を直したら良いのだろうか?
多くの人たちが求めているものと1人の求めているものは違う
それぞれが、それぞれの考えを持っている
でも、それでも結局は受け入れられない方が目立ってします

評価を受ける
悪ければ当然凹む、言う方は簡単だ
しかし、他のものを望むなら、それがある場所へ行ってくれ
そう思うのは傲慢だろうか?
新しいものを求めたからこそ、足を踏み入れたのでは?
もし、そうなら真っ白な心で初めて体験する、経験する事だと
そのままを受け入れて欲しいと思うのは我儘だろうか?

それぞれが、それぞれに努力した結果だ
少なくとも私は真っ白な気持でそれと向き合いたいと思う
合わなければ、黙って引き下がればいい、
悪評はあっという間に広がる
まだ真っ白な気持ちを抱えている人にまで影響を与えてしまう
人間の先入観だ

良い悪いは個人の評価、どっちがお徳か何てことは
人それぞれ違って当たり前なのだから
頼むから悪評ばかり広めないでおくれよ
新しい事にチャレンジしてはいけないのかと不安になるよ
[PR]

by megamega01 | 2006-12-20 13:20 | 伝言・伝えたい事