星に願いを。。。


子供の頃に見た星空が忘れられず今でも星空を追い求めて夢を見続ける
by megamega01
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
フォロー中のブログ
メモ帳
以前の記事
最新のトラックバック
藤原紀香結婚
from Anything Story
ここにしか咲かない花 コ..
from 無料大ヒット完全無料音楽視聴..
レアル・マドリード、ベ..
from スポーツニュース
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2005年 06月 24日 ( 1 )


鳩のたまご、究極の選択

まだ息子が幼稚園の頃のお話です。

鳥の糞といえば、大きな公園の近くに我が家には春になると鳩の
大群がおしかけて来ます(#=_=)
その理由は、巣作りのため毎日のように鳩を見ると追い払い
追い払っては戻ってくると鳩との戦いが繰り広げられる
夏の暑い日も鳩はやって来る。日陰を求めてベランダに下りるのだ。
毎年悩まされてる鳩公害、糞の嵐はそれはもうすごい!
布団も洗濯物も関係ない!かたっぱしから糞をしてくれる
その度に掃除をしたり、洗濯をし直さなければいけない私
朝も早くから「クゥクッルー」などど鳴かれ続けもう激怒!
引っ越してから4年目ぐらいからはその声を聞いただけで
目覚めて鬼のように鳩を追いまわすようになった。

鳩の糞の公害をご存知でしょうか?
鳩のフンは人間の呼吸器官から感染する「クリピトコックス病」など恐ろしい病気の元凶。
ダニやノミなどの外部寄生虫を媒介し、ぜんそくやアレルギーなどの引き金にもなります。

そう息子は喘息もち鳩の山のような糞は敵!
それに心地よい睡眠も邪魔されてしまうし可愛いなんて言ってられない!
公園では子供たちが鳩にエサをやり喜んでいる姿を良く目にする
息子もエサをやりたがっていたものだ
しかし!近所の人間にとっては最悪の状況!
4階の家では、なんとずうずうしくも部屋に入り座布団の上で
ぬくぬくとしていたそうだ!(驚き!)
マンションでも鳩公害には困り果てて色々対策を練るものの
カラスのように効果があるものが無いということで自分で何とかしましょうと終わる。

そこで対策
作戦1・・・アルミホイルをベランダの手すり全面に撒いてみる。
暫くは様子を見て近づかないがなんの害も無いと知ると手すりを避け平気で集まる
作戦2・・・いらなくなったCDをいくつもてぐすでぶら下げてみる。
これまた様子をうかがい、近くに来て突付いてみて平気と知ると集まる
作戦3・・・カラスの形をした羽が動く「鳩よけ」
これも羽は動くが、カラス自体が移動しない事を知るとまた平気で集まる
作戦4・・・花壇などに付ける風車の飾りをあちこちに取り付ける。
しかしこれもクルクル回るが移動もせず害が無いと知ると全く無視され集まる
作戦5・・・音をたてる
こんなことじゃちょっと飛ぶくらいですぐに戻ってくる(T-T)

で結局自分でベランダへ出て追い払うこれが一番効果的だと判明(T-T)
そして連日の戦いは続く。。。がしかし事件は起こった(!-!)
連休にお出かけして戻ると花が枯れてしまい空いていたプランターの中に
鳩がしゃがんでいるではありませんか!それにベランダが糞だからけ!
慌ててベランダへ走り鳩を追い払うと・・・(・_・)目が点とはこの事
何これ?プランターの中に可愛いたまごちゃんが1つ。。。。
「わ~い!たまごだ!お母さんこれあかちゃん生まれる?」と息子
「そうだね。鳩のたまごだよ。あかちゃん生まれるねぇ。」と言いながら
心の中ではどうしようかと涙(T-T)
喜んでいる息子を目の前にしてたまごを処分する事が出来ずにいた私
仕方が無いと諦め暫くは鳩の夫婦にベランダをお貸ししました(T-T)
ちっきぃしょう!せめて家賃くらい払え!ってな気分でグット堪える私。

そして友達にこの話をすると一度巣にされちゃうと毎年来るらしいよと言われる。
ガーン!そんなー!これは究極の選択でした。
息子に鳩のたまごが孵るところを見せてやりたいのは山々だが
旅館じゃないんだから毎年来られてはかなわない
意を決してたまごを親鳩の居ないすきに撤去・・・
たまごを前にどうしたものかなやんでいた私。。。
そして親鳩がたまごを探しにベランダをウロつくこと2~3日
実家から遊びに来ていた母が「こんなの温めてないんだからもう駄目よ。
捨てちゃいなさい!」とあっさりと生ゴミの中へ(;^^A
さすがにそれは可哀想で裏の公園に行きヒッソリと埋めました。
息子はたまごが無いと大騒ぎ「どうしたのかね?」ととぼけつづける私
鳩の親は諦めたのか来なくなり息子もすっかり忘れてくれた

そして最近ではあまり鳩もカラスも来なくなった
区で「カラスや鳩にエサを与えない」運動を謳ってくれたからだ。
あの時、鳩のたまごが孵っていたらどうなっていたのだろう?
やっぱり「ひな」は可愛いのだろうか?
ひなが育ち飛ぶたつ日を迎え息子は号泣したのだろうか?
[PR]

by megamega01 | 2005-06-24 14:33 | 子育て