星に願いを。。。


子供の頃に見た星空が忘れられず今でも星空を追い求めて夢を見続ける
by megamega01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
メモ帳
以前の記事
最新のトラックバック
藤原紀香結婚
from Anything Story
ここにしか咲かない花 コ..
from 無料大ヒット完全無料音楽視聴..
レアル・マドリード、ベ..
from スポーツニュース
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2005年 06月 01日 ( 1 )


花やしきに行って来ました!

6/1息子の学校の設立記念日でお休みになり、息子と一緒に何処かへと言う事で
花やしきに行って参りました。ここで書き込みをしているとおり、現在貧血の治療中の私
正直かなりしんどい状態です。でもお友達がやれ「ディズニーランド」だなんてことを
自慢してたりすると子供としてはやはり淋しくなるようで、この所寝込んでいることが
多かった母としては、栄養ドリンクをグイと飲み干し、出かける事にしました。
まずは浅草寺の仲見世通りを歩き、お参りをして花やしきへ!
すっごく昔に来た事はあったのですが、その頃の記憶などあるはずも無く
こんなに狭かったっけ?とかなり驚き!そして人の少なさにも!
もっとも平日でそんなに混んでいたらビックリものですがね(笑)
お昼前に花やしきへ入り、充分に遊べそうだった為に、フリーパス券?
大人2,200円子供1,900円を購入。(勿論入園料は別)
実は我が息子、脚立事件からとても怖がりのままで、遊園地関係も大の苦手。
「ディズニーランド」へ行っても乗れるアトラクションはわずか・・・
主が無理やり「スプラッシュマウンテン」なんぞに乗せて以来絶対に
「絶対ディズニーランドには行かないと!」言うようになってしまったんです。
主の会社の福利厚生のお陰で「ディズニーランド」も安くなるんですが
勿体無い事にその券を使ったのはわずか2回のみ・・・
そんな訳で、前にあらかわ遊園でならしておいたものの、そんなに激しい遊園地には
とてもじゃないけれど行けないと判断して「花やしき」をチョイス♪
まあ入場してすぐに、つい昔が懐かしくて、グルグル廻る「ロックンロール」とか
どこかの遊園地で名前のついていた、回転するアトラクションに乗せてしまったら
もう息子は引きつりまくり「しまった!」と内心冷や冷やものでしたが
その辺はやはり成長してるのでしょう、可愛らしいアトラクションからクリアし
利用できる範囲のお化け屋敷、スリラー館、ローラーコースター以外は
文句を言いながらもしっかりとクリア、その後は自分で自由に気の済むまで
遊んでいました。途中で私の母が合流し、私と母は、休憩タイム
息子はひたすら遊びまくり、閉園間近まで満喫してくれました。

私としては、せめてローラーコースター位乗っておきたかったのですが、
貧血状態でどうだろう?と考え断念。その代わりに子供と一緒に乗った
かえるのアトラクション「ぴょんぴょん」に大受け。一気に上昇して途中何度も
ぴょんぴょんと変な動きをするアトラクションただそれだけなのに大笑い。
すっかり気に入り、母まで巻き込んで何度も乗ってしまった私。
う~んちょっと恥ずかしかったかも(*^-^*)
でもアベックやおじさんが1人で乗っているのを見たときよりはマシかな?って
本当に小さなお子さんが乗るアトラクションだったので、だいの大人が
その「ぴょんぴょん」に乗ってる姿には申し訳ないが笑えました。
アベックも隣同士ならなんとか笑えるけれど、大人は両端専用になっていて
端と端でお互いに笑えずに乗ってる姿には思わずニンマリ(^-^)
「花やしき」は空いているのでもう乗り放題でバッチリ元が取れます。
家族連れやお父さん1人で子供を連れてきたりしても、お母さん1人で
子供を連れて来ても「花やしき」のスタッフがたくさん居て面倒を
見てくれたり、(乗り物も一緒に乗ってくれます)ショーをやってくれたりと
あちらこちらにたくさん居て見ていてくれるので、安心です。

そう、休憩中の私と母にスタッフが「ご休憩中ですか?といって
声をかけて来てくれました。「お二人でいらしたんですか?」
にはさすがにそれは無いだろう~って苦笑しちゃいましたが
「お化け屋敷案内しますので良かったらご一緒に如何ですか?」
なんて配慮も嬉しい限りでした。
なにせ園が狭いので声がしっかりと聞こえるので子供だけで遊ばせて、
疲れきった親は休憩していられます!
久しぶりに息子孝行をして疲れきって、帰宅後息子より早く21:00には
爆睡状態になってしまいました。こんな日も楽しくて良いかなって思った
穏やかなでもかなり疲れた1日でした。
そうそう、元気なお孫さんを連れて一緒に来る、おじいちゃんおばあちゃんは
スタッフに委ねないともう大変ですよ~。
よろよろになりないがら、悲鳴をあげていたおばあちゃん大丈夫かしら?
[PR]

by megamega01 | 2005-06-01 05:45 | 子育て