星に願いを。。。


子供の頃に見た星空が忘れられず今でも星空を追い求めて夢を見続ける
by megamega01
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
フォロー中のブログ
メモ帳
以前の記事
最新のトラックバック
藤原紀香結婚
from Anything Story
ここにしか咲かない花 コ..
from 無料大ヒット完全無料音楽視聴..
レアル・マドリード、ベ..
from スポーツニュース
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

冥王星の日本名が!

惑星からはずれた?冥王星の日本名が!
(松潤惑星か岡准惑星だったら人気でるかも?)

●冥王星は「準惑星」=日本学術会議小委
 国際天文学連合(IAU)が昨年8月の総会で決めた冥王星の新分類について、
日本学術会議の小委員会(委員長・海部宣男(前国立天文台長)は21日、
日本語では「準惑星」と表記することを推奨すると決めた。
4月上旬に開く同会議の幹事会で正式決定する。
 IAU総会では、冥王星が惑星から格下げされた上、一時は「第10惑星」候補と
されたエリスや、火星と木星の間にあるセレス(ケレス)とともに、
「ドワーフ・プラネット(Dwarf Planet)」に分類された。
仮に「矮(わい)惑星」と訳されたが、同小委が適切な日本語表記を検討していた。

 天文学の用語には以前から「白色矮星」や「矮小銀河」などがある。
しかし、矮惑星は「語感が良くない」「一般になじみにくい」とされ、
小委では委員のほか顧問やオブザーバーも参加した挙手の結果、
14対6で準惑星に決まった。
 小委は報告書で「準惑星の概念は高校までの学校教育に必要なレベルを超える。
当面は学校教育をはじめ社会一般において積極的に使用することは推奨しない」とした。
一方で、一般や学校向けに太陽系の分かりやすい説明文書を作成中で、
今後の普及に期待している。
 小委はまた、冥王星など、海王星より遠い場所にある小天体の総称は
「太陽系外縁天体」、惑星と準惑星、衛星を除く天体の総称は
「太陽系小天体」と表記するよう勧めることにした。

 海部委員長は「(IAU総会後は)冥王星だけ突出して取り
上げられ、『太陽系が小さくなった』と言う人が多かったが、むしろ広くなったことを
示すことができた」と話した。(了)

2007年03月22日17時35分
©2007 Jiji Press,Ltd. All rights reserved.

渡部潤一先生(国立天文台)のセミナー等出席した時に先生が冗談で
幾つかある候補の中でどれが良いか「いっそのこと、皆に聞いてみましょう!」と
挙手させました私は迷わず「準惑星」に手を挙げましたですぅw。
[PR]

by megamega01 | 2007-03-22 23:25 | 天文関連・プラネタリウム
<< 25日にはなんとかなるの? 忘れ物チェックしなきゃねぇ。。。 >>