星に願いを。。。


子供の頃に見た星空が忘れられず今でも星空を追い求めて夢を見続ける
by megamega01
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
メモ帳
以前の記事
最新のトラックバック
藤原紀香結婚
from Anything Story
ここにしか咲かない花 コ..
from 無料大ヒット完全無料音楽視聴..
レアル・マドリード、ベ..
from スポーツニュース
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アストロアーツ星空アナウンス

予想以上に明るくなって1965年の池谷・関彗星以来の大彗星
となったマックノート彗星の興奮がまだ冷めやらぬなか、
今度は2月4日に発見された さそり座の新星(V1280 Sco)が
肉眼で見える明るさまで増光しています。2007年になってまだ
2か月足らずですが、どうも今年は予想外の天文現象が続いて
いるようです。

 さそり座新星は2月4日に中村祐二さんと櫻井幸夫さんに
よって発見された新星です。発見時の明るさは9等台でしたが
2月16日には 4.2等と肉眼でも観測できるようになりました。
新星は明け方の南東の低い空にありますが、今後どこまで明るく
なるのか注目です。

アストロアーツニュース「肉眼等級にまで増光したさそり座新星」
→ http://www.astroarts.co.jp/news/2007/02/16nova_sco/

 もうひとつ予想外に明るくなっている星がくじら座のミラです。
代表的な脈動変光星のミラは、330日の長い周期で2等から10等
までの幅で変光することで有名ですが、極大等級はそのたび
に異なっており、最近では極大でも3等前後までしか明るくなり
ませんでした。ところが今回は最近になく増光し1等台に入った
という報告も聞かれます。ミラのあるくじら座は夕方の西の空に
あります。久しぶりに明るくなったミラを肉眼、または双眼鏡で
確認してみてください。

アストロアーツニュース「肉眼でも見られるようになってきた
変光星ミラ」
→ http://www.astroarts.co.jp/news/2007/01/22mira_variable/

「変光星「ミラ」と新星「さそり座V1280」がたいへん明るい」
→ http://www.astroarts.co.jp/news/2007/02/19mira_v1280sco/


星空のみどころ
・2月11日に衝になった土星を観望しよう
・2月24日 しし座の長周期変光星Rが極大光度
・3月4日 西日本で月食
----------------------------------------------------------------
●2月11日に衝となった土星を観望しよう
----------------------------------------------------------------
肉眼で見えるまで明るくなったさそり座新星と、脈動変光星ミラ
に2月の話題をさらわれた感じですが、2月11日に衝となり観望
好機になっている土星を忘れてはなりません。土星は、ちょうど
「ししの大鎌」の中ほどにあり、しし座の1等星レグルスと並んで輝いています。
シーイングの安定した日に望遠鏡を使って美しい
環を観察してみてください。
→ http://www.astroarts.co.jp/alacarte/2007/200702/0211/

----------------------------------------------------------------
●2月24日 しし座の長周期変光星Rが極大光度
----------------------------------------------------------------
宵の頃、春の星座のしし座が東の空から昇ってきます。そのしし
座の1等星レグルスのすぐ西にある長周期変光星Rが、2月24日
に極大光度になると予想されています。明るさは5等級、双眼鏡で
真っ赤な色に注目してください。視野円7度の双眼鏡では、
近くにある土星を同時に見ることができます。
→ http://www.astroarts.co.jp/alacarte/2007/200702/0224/

----------------------------------------------------------------
●3月4日 西日本で月食
----------------------------------------------------------------
3月4日の夜明け前、月が欠けたまま西へと沈んでいく月食が
西日本方面で見られます。ただし食の開始が始まる時の地平高度
も低く、しかも現象の途中で月没になってしまうので、あまり
条件はよくありません。
【Web特集】2007年3月4日 部分月食
→ http://www.astroarts.co.jp/special/20070304lunar_eclipse/

----------------------------------------------------------------

思い切りアストロアーツメルマガより抜粋!
過ぎてしまっているのはサイトで映像を確認して下さいませ(^-^)
[PR]

by megamega01 | 2007-02-22 04:04 | 天文関連・プラネタリウム
<< H-IIAロケット12号機の... マラソン大会 >>