星に願いを。。。


子供の頃に見た星空が忘れられず今でも星空を追い求めて夢を見続ける
by megamega01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
メモ帳
以前の記事
最新のトラックバック
藤原紀香結婚
from Anything Story
ここにしか咲かない花 コ..
from 無料大ヒット完全無料音楽視聴..
レアル・マドリード、ベ..
from スポーツニュース
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

富士山に積もる雪&未来館

もう昨日になってしまいますねぇ
朝方空気が澄みとても綺麗に我家のベランダから
雪を被った富士山が美しく見えました(^-^)

もう冬も間近なのだなぁと感じてしまった私でした。

でもってウラMiraikanツアー「発見!ロボット研究最前線」
に参加して参りました!
150名の応募の中、15名が参加という高い倍率を掻い潜り?
「発見!ロボット研究最前線」では、未来館に隣接する産業技術
総合研究所(デジタルヒューマン研究センター)を訪問し、
人間とロボットの最先端の研究現場を見学します。という事で
最新技術にちょこっとだけ触れて参りましたw
ロボットHRP-2 くんが操作されて子供達の前まで来ると
皆一斉に一歩後ずさり(我が息子も)思わずニッコリ(^-^)
やはり怖いのでしょうか?

ロボットはこれから訪れる高齢化社会に向け
活躍する場はどんどん増えてくると思います、介護ロボットしかり
まだロボットが人間に代わり、作業をする段階までは
難しいようですが、かなりのレベルで研究が進んでいる様で
一家に一台ロボット君が登場なんて事にもなるかもしれません
おもわず「アイザック・アシモフ」の世界を想い出しました

それから研究課題の要請が高いのは病院と言ったお話も聞きました
出生率がずっと下降していたにも関わらず、不慮の事故による
0~10歳児までの死亡者数は横ばいという事で
何故同じ事故が繰り返されるのか?というカルテデータを元に
実際の子供達の行動を観測し、考えうる事故を想定し、
事故が起きないような物作りをする!といった事がようやく
日本でも行なわれるようになって来たというお話です

息子は今までずっと未来館や科学館その他で物作りを
して来たのですが、今日本物の?研究者を目の当たりにし
実際に研究所を観て理工学の方に興味が移った模様
日大理工学部なら何時でもお母さんがオープンキャンパス等に
連れて行ってあげるからと息子に伝えましたw
同居人からはコンピュータ関係もそうですが、物作りは
もうPC自作の会社の配線も担当と何でも屋なので
この親達から学べる事も多いぞと言ってあげました

たくさん観て、たくさん体験して将来の夢をどんどん広げて
欲しいと母は強く思いました。君はいったい何になるのだろう?
楽しみにしているよ(^--)b

MEGASTAR-II cosmosの星空も勿論、眺めて来ました!でも泣かなかったぞ!
そうそう、息子は大平さんは技術者であることを伝え
プラネタリウムクリエイターというお仕事だということを教えたのですが
やはりプラネタリウムを作る天文学者だと思っている様子です
う~んその辺は大人にはちょっと理解が不可能な所です。。。
[PR]

by megamega01 | 2006-11-13 04:16 | 未来館・イベント
<< お疲れ様で御座いました 色つきダイヤモンドに含まれるのは? >>