星に願いを。。。


子供の頃に見た星空が忘れられず今でも星空を追い求めて夢を見続ける
by megamega01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
メモ帳
以前の記事
最新のトラックバック
藤原紀香結婚
from Anything Story
ここにしか咲かない花 コ..
from 無料大ヒット完全無料音楽視聴..
レアル・マドリード、ベ..
from スポーツニュース
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

SEX(性)について

男女の性に関して男の下心と優しさとUPしましたが、
これについて少しまた書いてみたいと思います

カウセラーをしているとこの手の悩みもやはり多くというかかなりの割合であり
どうしても避けては通れない問題でもあり、けしてタブーな問題では無いと
書いてしまいましょう。男女の間にとってSEXは子孫繁栄だけでは無く
愛を確かめる為に、お互いのコミュニケーションの為に、また人間の本能である
欲求を満たす為に欠かせないものであり自然な事だと思います
悲しい事かな、日本は結婚をした後の性生活の割合が一番低い国であります
何故か?お互いに興味が無くなる、飽きるといった事が原因として多くあげられます
そして日本人特有のテレからか、何を古女房を相手にといった事や、
夫を男としてもう見るなんて無理と自分から心に蓋をし、相手を受け入れる事が出来なくなる
恋人の時はどんなに刺激的な相手であっても、情熱的に求め合ったとしても
これは不思議なものあり、悲しいことだと思っています

実は、夫が求めてくれない、妻が受け入れてくれないといった悩みを抱えて相談する人は
多く、お互いにすれ違っているご夫婦もある事も少なくありません
もっと自分の心に素直に、子供が居るからといった事も頭の中からちょっと横へ置き
ご夫婦で恋人時代を想い出し、デートでもしてその後にラブホテルなどを利用する事を
お勧めしてみたりします。そんな事を言ったら嫌がられると大抵の方は抵抗を示されます
しかしお互いの為にも勇気を持ち、真剣な想いを伝えるようにとお話をします
イランイランを処方する事も多々あります。他に奥様からの相談の場合には
その気になって貰えるように手管を指導したりする事もあります。実力行使ですねw
決してタブーではなく、ごく自然で当たり前な事なのだと日本にも浸透して欲しいと
願っています。お互いがお互いを求め思い遣ることはけして恥ずかしい事ではありません

中はなアブノーマルな行為でしか出来ないと悩んでいる方もいます
しかしそれについても、お互いが納得の上、周囲に迷惑のかからない場所での行為であれば
一向に構わないとお答えします。世の中には人に見られていないと出来ないといった人もあり
それも致し方ないと思いつつも、見る事をOKとしてくれる第三者の方にお願いするよう
お話をしたりします。どこまでが正常でどこまでが異常かといった線引きはその人それぞれで
線引きは出来ず、言われてしまうと思わず納得していまったりもすることもあります
こんな世界もあるのかと驚かされる事も多々あります
SEXを性欲だけ、快楽の為だけに行うことは悪い事だとも思いませんし
人間の本能ですとお答えする事もあります

SEX依存症といった病気も存在します。もし自分自身を傷つけることなくしているのであれば
それは止められることではありません。本人が止めたいと望んだ時はしっかりとケアをし
SEXにのみに溺れるのではない人生を送れるようにカウンセリングを行います
自分のSEX中の映像等をPC上にUPしたりすることが止められないといった方もいました
男性の場合はAVの業界へとお仕事を変えては如何でしょうか?とお答えしたり
アブノーマルな行為が自分の望みでそれを叶えたいという方にも相手を傷つけない事を
約束頂きそういった世界もあるのでそちらへ進む事をお勧めしたりもします
女性に関しては、その世界で生きている人にはあくまでも自分の身体を大切にすることを
約束して頂きます。こちらも止めたいのに止められない場合はカウンセリングをお受けします

世の中それぞれで、お互いにアブノーマルなSEXを楽しんでいる恋人達やご夫婦も
ありそれはそれでお互いが幸せであれば、罪悪感を感じる必要は無いとお答えします
あくまでもそれは、時と場所を考える事をお守り頂き、誰かに認めて貰える事で
安心をしそれまでどんどんエスカレートしていた行為が治まってきたといった例もあります

それから不倫については、道徳的な事を話しても解決にはなりませんので
自分自身の幸せについて本気で考える時間を持つように促します
その場の快楽を求め、関係を続けた先に見えるもは本当にあるかどうか?
少し自分のしている事が肉体的な結びつきの愛から離れた時に、現実をつきつけ
果たしてその人は、本当に自分を必要としてくれているのか?
自分を大切にしてくれるのか?を考えるように問いかけてみます
相手の家庭を犠牲にしても相手との関係を望む人には、相手の家庭の不幸の上に
自分が獲得する事が出来た幸せなら絶対に自分自身、犠牲にした家庭の事を忘れず
幸せになる事を約束して頂きます。世の中きれいごとばかりではありません
匿名性の高いネットカウンセリングならではの仰天の世界も繰り広げられます

私の知人の友達は夫の浮気の腹いせに自分も浮気をし、その相手の子を妊娠
浮気相手も夫と同じ血液型だから産むといった驚いた話を聞いた事もあります
それが夫への復讐だと。。。今゛浮気に悩む男達の本゛が飛ぶように売れていると言います
実は浮気をしてるのは、男ばかりではないと暴露しましょう
妻の浮気が実はとても増えています。他の女性に現を抜かしている間に
実は自分の妻も浮気をしていて逃げられるといったことは少なくありません
そしてそういった場合ショックを受け後悔をするをするのは男性の方が
多かったりするのが現実だったりもします
理想論を言うつもりも道徳的指導を唱えるつもりもありませんが
縁あって一緒になった相手にもっと目を向け大切にして頂ければ悩みを抱える人が
少なくなるのでそうあって欲しいと願います

それから、独身男性でAVの見すぎで同じ事を求める人が当たり前だと
勘違いして居る人が多いという事も書いておきましょう
興ざめしてしまう女性はたくさん居ます。事前のお勉強も大切かもしれませんが
あくまでもAVは作り物だという事を忘れないで欲しいと思います
そして、どんなに好きな人でも女性の身体も男性が萎えてしまうのと同じように
身体が受け付けないということもあることも知って欲しいと思います
大切なのは相手を思い遣る気持ち、大切に思う気持ちである事を忘れずに
SEXを楽しんで頂ければと思っています
動物的に本能的に求め合う事も決して悪い事ではありません
でも独りよがりであってはいけないと言う事だけは忘れないで欲しい事であります

手出しが出来ずに悩んでいる男性諸君にはボディランゲージで確認を
取る事をアドバイスしましょう。大抵、相手がどう思っているか検討は付くと思いますが
そでも不安な方に、二人きりになり、隣に座りそっと身体を密着させ時に
もし本当に嫌だとまだ駄目だと感じていれば相手の身体は自然と拒否反応を示します
具体的に教えろ!と言われるとその時々とお答えするしかないのですが、
本気で避けているのか、どうかは判断付く反応だとお答えしましょう
頭が真っ白でそんな所ではないと感じる方は、一度思い切ってトライして下さいと
言ってしまいましょう。それでもその時にはちゃんと相手の思いを汲み取ってあげる
優しさを持ち合わせて欲しいと思います。それが相手を大切にするということです。

性欲は男性ばかりにある訳ではありません。女性にも勿論ある事をしっかりと
理解しましょう。SEXにおいての場では女性の方が際限が無いと正直に
書いてしまいましょう。十分に満足出来るようにしてあげられるのは男性の
テクニックばかりではないという事も書きましょう。優しさや触れ合う事だけでも
愛してるや好きだよといった言葉でも十分に女性は満足を得る事が出来ます。
演技をしている女性は男性が考えているよりも多いものです
それを演技で無くしてあげられるのはお相手である男性だけです。
大切な人と大切な時間を過ごす為にも独りよがりにならず前戯もしかっかりとお忘れなく
(テクニックばかりではないので勘違いをなさらないように)

それから、男性が良く気にされる大きさの問題ですが、そんな事で上手くいかない
相手ならおやめなさいとお答えしましょう
正直にSEXの愛称はあります。まさしく肌が合うといった事です
こればかりは残念ながらどうにもなりません。。。
離婚の原因の1番である性格のフイッチというのはこれの事を言います
好きだからと我慢してしまい一緒になりやはり違ったということも正直にあるのです
結婚前にしっかりと確かめるのは今の時代もう不謹慎だとお叱りを受ける事も
少ないと思いますので悪くないと思います、是非お試し頂きたいと思います
勿論、一方的で無いことを大前提ですのでそれをお忘れなく!
誰彼構わず試せといっているのではい事を誤解の無いように書き添えたいと思います

今日はちょっとカウセラーとしての書き込みをしていましました
相手を思い遣り心も身体も傷つけることなくお互いが幸せであるように
皆さんが素晴らしいSEXライフを送れることを祈りたいと思います
[PR]

by megamega01 | 2006-10-29 01:51 | 心理学
<< 無償の愛 アクセス数に驚き >>