星に願いを。。。


子供の頃に見た星空が忘れられず今でも星空を追い求めて夢を見続ける
by megamega01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
メモ帳
以前の記事
最新のトラックバック
藤原紀香結婚
from Anything Story
ここにしか咲かない花 コ..
from 無料大ヒット完全無料音楽視聴..
レアル・マドリード、ベ..
from スポーツニュース
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

大切な友

もう1人の、大切な友達6年越しの友達
直人さんを通じて知り合った大切な友達、お母さんとして先輩であり
私の良きアドバイザーだ。カウンセラーよりスーパーバイズが上手い!
彼女は素晴らしい人だ。私と違って育ちが良いので良い学校を出て
お子さん達も優秀だ。趣味のサークルを開いて雑誌に出てくるような
奥様の生活を送っている。私とは対極の存在の人。
それでも何故か辛い時は、彼女に頼ってしまう不思議な関係
本音を語り合える大切な親友です。
1年に2~3度しか会えないけれど、電話やメールには
どんなに忙しくても答えてくれるありがたい存在。
こんな私のメールにもきちんとお返事をしたからと答えてくれる
人間的な成熟度を考えると月とスッッポン。私は丸裸状態で降参
電話口で泣きじゃくってしまうこともある位心許せる人。。。
そんな友達を持てることをとても幸せに感じているありがとう。

そんな彼女には本当に教えられる事がたくさん
カウンセラー仲間には何故か相談されてしまうのに
自分は第三者に相談している。お互い様で仲間に相談すれば良いのだろうが
けっして望むような反応は返ってこないし、そこで共感が持てなくなってしまう
心理学を学ぶとお互いに同じ目線で同じ方法論で物事を考えてしまうので
結局の所、堂々巡りなのかもしれない。。。
その仲間とは「心理学なんて勉強するもんじゃなかったね。」
最後のお決まりの文句。心理学は学ぶとどんどん深みにはまり凹む
だから仲間内で話すとエネルギーが必要だし、解決方法論になってしまい
結局はただ話してスッキリしたかっただけだと後になって後悔

だからそんな私の心許せる大切な友達は心理学とは無縁な普通の奥様
でも大切な、大切な友達だ。近くに居ても遠くに居ても
やはりとても大切な友達でいる事に変わりは無い。感謝しています。
今日はありがとうが言いたくて独り言。またメールします♪ 
[PR]

by megamega01 | 2006-10-15 19:52 | 日常・独り言
<< 理解に苦しむ現象 核実験問題 >>