星に願いを。。。


子供の頃に見た星空が忘れられず今でも星空を追い求めて夢を見続ける
by megamega01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
フォロー中のブログ
メモ帳
以前の記事
最新のトラックバック
藤原紀香結婚
from Anything Story
ここにしか咲かない花 コ..
from 無料大ヒット完全無料音楽視聴..
レアル・マドリード、ベ..
from スポーツニュース
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

こそあど言葉を勉強してる子供達

小学3年の息子の国語の授業です

「これ・それ・あれ」や、「この・その・あの」などは、何かを指ししめす言葉です。
また、たずねるときには、「どれ・どの」などの言葉を使います。
これらをまとめて「こそあど言葉」といいます。
▼どんなときに、どんな「こそあど言葉」を使っていますか。
上の(いつか掲載します)絵を見て、同じようにとなりの人とやりとりをして、
たしかめましょう。

上の絵の説明
①その本、かしてくれる。
②どの本。
その、真ん中の赤い表紙の本だよ。
③ああ、これだね。はい。
どうもありがとう。
④あの本もおもしろかったよ。
今度読んでみるね。

「こそあど言葉」は、次のように使い分けられます。
こ 話し相手に近い場合
そ 相手に近い場合
あ 話し手からも相手からも遠い場合
ど 指ししめすものがはっきりしない場合

▼教室の中で、友達と組になって、「こそあど言葉」を使ったやりとりをしてみましょう。

▼次の表をかんせいさせましょう。
こ これ・ここ・こちら・こっち・こんな・こう・この
そ それ・そこ・そちら・そっち・そんな・そう・その
あ あれ・あそこ・あちら・あっち・あんな・ああ・あの
ど どれ・どこ・どちら・どっち・どんな・どう・どの

以上が教科書に載っています・・・
私ってすごい!もうずっと前から息子にこの勉強を教えていたなんて!(T-T)
これって勉強する言葉だったんですねぇ
年取って自然と身につくものだと思っていました
かなり驚きました!さぞかし、息子はこの授業に詳しかった事でしょう(;-;)
[PR]

by megamega01 | 2005-09-18 23:04 | 子育て
<< ピアノは男の子に必要? 親ばか。。。終業式に行きたい! >>