星に願いを。。。


子供の頃に見た星空が忘れられず今でも星空を追い求めて夢を見続ける
by megamega01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
メモ帳
以前の記事
最新のトラックバック
藤原紀香結婚
from Anything Story
ここにしか咲かない花 コ..
from 無料大ヒット完全無料音楽視聴..
レアル・マドリード、ベ..
from スポーツニュース
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

目撃!逮捕劇!

子供のスイミングの日、子供たちが進級テストを終え
出て来るのをロビーで待っていると、黒いリュクを抱えた無精ひげを生やした
大柄な男性が1人スイミングスクールのロビーへと入ってきました。
リュックは抱えたままで挙動不審でキョロキョロとしそのままあちこちを
フラフラとしていました。そのうちにフト見えなくなり何だ?と思っていると
観覧席にいた友達曰く、独り言をブツブツ言いながら観覧席のある2階に来て
少し残っていたお母さん方とは、反対方向へ向かい中のプールを覗き込んでいて
皆で気味悪がっているとスイミングスクールの男の人がやって来て
その男に事務所に来て下さいと促したそうです。
そしてその男はまたロビーと戻ってきたのですが、事務所へは入らずに
ロビーの中をウロウロ、お母さんたちは一斉に離れ周りをたくさんの人たちで
囲う形になりました「何か持ってる?凶器は無い?」そんなことを考えながら
男から目を離さないようにし、子供達が更衣室から出てこない事を祈っていました
そしてその時、数名の警察官がロビーへと入ってくると男を取り囲みました
逃げ様にも周囲には人が一杯、それに警官がすでに4人も取り囲み私服警官も
含め取り囲みそのまま男は大人しく外へと連れ出されました。

お母さん仲間と一斉に何があったの?と外に出たとたん好奇心むき出して(笑)
外を覗いて何が起こったのかとそこに居た人たちが教室のガラスにへばりつき
外の成り行きを見ていました。
結局男は逮捕され、両側を私服警官と制服を着た警官に挟まれて5人で
警察署まで連行されて行きました。
ちょうど帰り道でその犯人の乗っているパトカーと一緒になってしまい
先に行くように指示されたのですが、犯人の乗ったパトカーに後ろに居られても
怖いという事でパトカーに先を譲り同じ経路だったので警察署に向かうまで
後ろからついてゆく形になりました。

スイミング側からは、何の説明もありませんでしたし、踏み込んだ時に
警察官も何も言わなかったのでパニックになる事も無く
たださすがに皆何が起こったか判らない為に心配し
自分の子供を傍から離れないようにしパトカーに乗せられるまでは
緊張を緩める事は出来ませんでした

中には親が一緒ではなく、1人で来ていて「面白そう!」だと外へ出て
警官に止められていたりもしました。
今の子は怖いという事が無いんでしょうかねぇ?

結局何の事件か判りませんでしたが、噂では近所で母親に危害を加えたので
通報されたという事でした。本当はなんだったんでしょうね?
ところで、この時に真っ先に男から目を離さずに凶器を持っていないか
しっかりと見た事、顔をしっかりと見て特徴を覚える事をしていた自分に
う~んこれも勉強の賜物かな?と後になって感心してしまいました。
カウンセリングでは相手の些細な変化も見逃さないという事が要求されます。

男の顔は、体躯も大きく顔も大きめ、無精ひげを口からあご、揉み上げまで
繋がってはやしていて、目は重たそうで虚ろな瞳、垂れ目気味で
眉も濃く、口も半開き状態、態度もオドオドとしていて挙動不審
薬でもやってるのかな?と言った声があがるような感じもする位でした
逮捕されるような一体何を彼はしたんでしょうか?
パトカー一台に覆面パトカーに私服警官、警備の警官とスリなどの
逮捕にしては仰々しい逮捕劇でした。

子供も男が侵入してきた場面と取り囲まれた現場は目撃していないので
パトカーに乗せられ、手錠をかけられ、連行されてゆくのを見ただけですが
TVで見ている犯人逮捕という怖いシーンの実地訓練?をしたことになりました。
しかし本当に凶器を持った犯人じゃなくて良かった。。。
最近刃物男が逮捕される事件が多かったのでさすがに怖かったです。
子供の数より親の方が少ないですし、スクールの教師などに男の人が少ないので
たくさんの子供たちを助けるには?と考えたら本当に怖くなりました
[PR]

by megamega01 | 2005-06-28 21:57 | 子育て
<< 2チャンネルによる殺人予告で今... 子供の習い事に母はバテバテ >>